読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨で世界が変わる! 暗号通貨でおいしい生活。

元エンジニアが語る暗号通貨で生活できるまで。

今なぜ暗号通貨なのか(3)

投資対象としての暗号通貨

f:id:yas0804:20170206233345j:plain

前回は暗号通貨の生い立ちについてお話しました。

今回は投資対象としての暗号通貨です。

 

ビットコインが直近高値で11万円を超えてきましたね。

 

1月に13万超えと史上最高値を更新後、
一旦調整しましたが、その後また上昇し続けています。

 

これは一体何の価格でしょう?

 

これは円をビットコインに両替する際の
為替レートのことです。

 

ビットコイン(BTC)と日本円を
交換するのに11〜13万円かかるということです。

 

ビットコインもドル/円やユーロ/円同様に
売買の取引で価格が上下します。

 

ですが、何故これほど極端に価格が乱高下
するかというと、ドルや円、ユーロ等の
いわゆる「法定通貨」は、どれも貨幣の量がほぼ
無尽蔵なので、当日の取引の勢力(売り/買い)
によって価格が上下するのに対し、

 

ビットコインは貨幣の総量が予め決まっており
需要が多ければ大きく価格が上がり、
需要が少なければ大きく価格が下がります。

 

価格の決まり方はどちらかというと
金(Gold)や株式に近いものがあります。

 

f:id:yas0804:20170206233409j:plain

ちなみにビットコインが10万超えたからと
いって、10万円無いと交換できないかというと
そんなことはありません。

 

取引所にもよりますが、だいたい5千円ぐらい
(0.05BTC)から取引きできるので暗号通貨の
取引は決して敷居が高いわけではありません。

 

暗号通貨で魅力的なのは、その投機性の高さです。

 

デイトレードの値幅の乱高下もそうですが、
中長期的な上昇幅についても他の投資を圧倒する
上昇率です。

 

その代表格、もはや暗号通貨の基軸通貨
呼んでもいいビットコインは2010年頃に
初めて値をつけた時の価格は0.2円/BTC程度だった
そうです。

 

それが今では10万円を超えており、
7年で50万倍に上昇したことになります。

 

その間わずか7年ですよ。

 

7年前に1万円分のビットコインを購入して
保有し続けている人は、現在ではなんと
50億円以上の価値になっているという
計算になります。

 

f:id:yas0804:20170206233442j:plain

すごすぎますね。

 

ビットコインがこんな事になるのは
開発に携わった人達も全く予想できなかった
ようで、最初の取引はピザ2枚(25ドル程度)
の値段が1万BTCだったそうです。

 

それも半分ジョークで。

 

当時ピザを1万BTCで売った人が、
今でも持ち続けていれば、ピザ2枚で
10億円稼いだことになります。

 

当時ビットコイン開発の中枢にいた人、
面白半分でビットコインを購入した人は
ほぼ全員が億万長者になっているんじゃ
ないでしょうか。

 

しかも識者によると、今後も暗号通貨の需要は
高まると考えられ、ビットコインの価値は
こんなもんじゃないという意見もあります。

 

例えば、ネット通販の雄であるamazon
「今日からビットコインで買い物できます」と
宣言したら、軽く100万円/BTCを超えるだろう
という人もいます。

 

現在のビットコインの取引規模が約1兆円に
対し、amazonの売上は日本だけで約1兆円、
全体では約13兆円にものぼるので、少なく
見積もっても今の10倍はあるんじゃないか
との期待からだと思いますが。

 

これはamazonだけの話しですから、
Yahoo!や楽天がそれに続くとどうなるかってことです。
楽天は既にビットコイン決済に対応し始めているようです)

 

個人的にはビットコインネットワークの処理性能は
amazonの取引量に耐えられるかどうか不安もあり

amazonビットコイン決済の導入に二の足を踏んで
いるんじゃないかと私は推察してますが。。

 

ともあれビットコインは「世界初」の暗号通貨なので
とんでもなく上昇をしてますが、これはビットコイン
だけの現象ではありません。

 

他の暗号通貨もビットコインに先導されるように
おおむね20倍〜60倍程度の上昇を見せています。

 

それも2年足らずで。

 

ビットコインが発行後既に6年以上たっている
ことを考えると、他の通貨についても、もっと
価値が上昇するであろうことは容易に推測できますよね。

 

以上が暗号通貨の大きな魅力の一つである「投機性」です。

それじゃまた。

 

-------------------------

クリプト一押し!

-----------------------

NOAH COINのプレセール購入 | 暗号通貨ノアコイン

今なぜ暗号通貨なのか(2)

暗号通貨の成り立ちについて

前回は暗号通貨が世の中に与える影響について話しました。

 

既に書いた通り、暗号通貨は

・国境がなく、違う国の人同士でもお金をやりとりできる。
・銀行を介さずスマホ同士で送金が完了する。
・結果、送金するのに余計なお金がかからない。

などが世界で注目されている理由だということに触れました。

f:id:yas0804:20170206234233j:plain

 

既に有識者の間では、
・パーソナルコンピュータ(PC)
・インターネット に次ぐ

「第三の技術革新」ともてはやされています。

すなわち、
1970年代 アップルとマイクロソフトが家庭にコンピュータを届け、
2000年代 グーグルがインターネットで「情報の瞬間移動」を可能にし、
2011年以降 暗号通貨が「価値の瞬間移動」をも可能にした と。

 

加えて暗号通貨は「国家からの独立」をも果たしたと言われてます。

 

既存のお金(これを「法定通貨」と呼びます)は政府主導の元、
その国の中央銀行の信用を担保にお金の価値を維持しています。

なのでその国と中央銀行が世界的に信用されている限りは、
いくら刷っても価値は下がりません。

 

ですが世界の信用を失った途端に暴落を始めます。

 

信用を失った国の紙幣はただの「紙くず」であり、現在の法定通貨といえども
金(GOLD)との兌換をやめてしまったという意味では、ある意味「仮想通貨」なのです。

f:id:yas0804:20170206233409j:plain

 

その国でしか使えないお金という意味では電子マネーと大差無いかもしれません。

対して暗号通貨は「国家に支配されない世界中の人々のお金」なのです。

 

ビットコインに価値を与えているのは「ビットコインを保有する人達」のみであり、
政府や中央銀行が保証するわけでもなく、誰も使う人がいなければ普及もしないし、
価値も上がりません。

 

私達がよく知るところの「人生ゲームのお金」のデジタルな世界規模版だと
いう表現が最も近いでしょう。

f:id:yas0804:20170206234338j:plain

 

ビットコインを筆頭とする暗号通貨は広告費にほとんどお金をかけていません。

TVCMで暗号通貨のCMが放映され始めたのは私の知る限りでは今年からでしょう。
それも暗号通貨そのもののCMではなくて両替所のCMです。

 

それが一般の人々にはほとんど知られていない理由なのですが、それでも
それぞれの暗号通貨がそれなりの規模のお金を集めています。

 

もちろんその筆頭はダントツでビットコインなのですが。

 

時価総額ビットコインだけで現時点で1兆円近く流通しており、
多くの人々に支持されています。

それはなぜか?

第一に、自国の通貨への不信感と世界でしばしば発生する「通貨危機」です。
米国で起こったリーマンショックや、キプロスの危機、ギリシャのデフォルト、
国際的信用を失った途端、いとも簡単に通貨の価値まで失います。

f:id:yas0804:20170206234427p:plain

そうなるとハイパーインフレーション預金封鎖などで、
長い年月大事に貯めたお金の価値がいとも簡単に紙くずになってしまいます。

被害を被るのは我々庶民なわけです。

 

我が日本ではありがたいことにそういう危機は起こっていませんが、
大正以前の過去には起こった事例もあり、絶対安全とは言い切れません。

 

世界で最も早く誕生した暗号通貨である「ビットコイン」は、
政府の思惑や中央銀行の政策次第で突然危機を迎え、
財産まで凍結されてしまう法定通貨に対抗する意味合いで、
2009年に「ナカモトサトシ」という人物が発表した
新しいデジタル通貨の論文を、それに賛同した、
限りなく「ハッカー」に近いアナーキーなエンジニア達が
「おもしろそう」という理由で開発したのが始まりと言われてます。

f:id:yas0804:20170206234516j:plain

 

それが今では時価総額1兆円の規模にまで拡大した背景には
これまで説明してきた使い勝手の便利さと、国家への潜在的
不信感を持つ人達にとって「国家からの独立」を果たしたお金、
ビットコインにある種の共感を覚える人が多いためだと思われます。

 

事実、ビットコインが爆発的に価値を高めた背景には、米国において
犯罪組織が非合法薬物や武器取引の決済に使用し、摘発されたことが
きっかけです。

 

米国では一部の犯罪者は麻薬の取引現場にお決まりの黒のアタッシュケース
持ち込むことなく、「スマホでピッ」という取引をしていたわけです。
(真偽の程は定かではないですが)

 

私達日本人だと、この報道だけでもう「怪しい」と誰も手を出さなくなる
のですが、海外の人達は「そんな便利なお金があったのか」と需要が
爆発的に伸びてビットコインの価値がどんどん上がりました。
興味深いですね。

 

日本でも70年代にVHSビデオの需要が爆発的に伸びた背景に、
AV(アダルトビデオ)の存在があったというのは有名な話です。

需要が伸びるモノやサービスにはそれなりの理由があるということですね。

それじゃまた。

-------------------------

クリプト一押し!

-----------------------

NOAH COINのプレセール購入 | 暗号通貨ノアコイン

今なぜ暗号通貨なのか(1)

あなたは「暗号通貨」と聞いて何を想像しますか?

f:id:yas0804:20170206233621j:plain

 

情報機関とかスパイが密かに使っているお金とか?

邪馬台国徳川埋蔵金を国民の目から避ける為に
密かに暗号を使って保管しているとか?

暗号に詳しい、いわゆる「暗号通」の人にしか
扱えないお金?
(実際そう答えた人がいました(笑))

 

言葉だけでは何のことかわかりませんよね。

なら「仮想通貨」ならどうでしょうか?

バーチャルなお金?

ゲームとかインターネットでしか使えないお金?

電子マネーみたいなもの?

こちらの方がかなり近いです。

なので日本では「仮想通貨」の方が理解を
得やすいと考えているようです。

仮想通貨とは簡単に言ってしまうと、
インターネットやゲームで決済を簡単にするために
電子化されたお金のことです。

なので既にあなたが持っている「電子マネー」も
「仮想通貨」の一種だと捉えていいと思います。

オンラインゲームの中で購入するお金もそうだと
思っていいです。

ですが、「電子マネー」や「ゲームコイン」は
基本的にはJRやゲーム会社等、発行元があり、
使える通貨(円のみ)も使用範囲も限定的ですよね?

支払いの際もスマホから専用端末にかざすことで
直接支払うので電子マネーがインターネットを
飛び交うこともありません。

SUICAPASMOEDY等がだいぶ普及してきたので
我々日本人にとって少額決済が大変便利になってきましたが、
とは言え、しょせん日本以外では使えません。

グローバルな観点から言うと、
上記電子マネーは日本独自の進化をしていて、
携帯電話のガラパゴス化と同じ「ガラパゴスマネー」
略して「ガラ金(?)」(造語)と言われかねません。

その一方、世界中で使え(るべく発展中で)、かつその国の通貨に
容易に換金(両替)可能なグローバルな仮想通貨が存在します。

それが「暗号通貨」なのです。

f:id:yas0804:20170206233749j:plain

 

ビットコイン
イーサリアム
リップル
等々。。。。

あなたも一つぐらいは聞いたことがあるのではないですか?
なかでも代表格であるビットコインについては、今年から大手両替所のbitFryerが
TVCMを打ち始めましたからビットコインぐらいは聞いたことあるでしょ。

その通貨は盗まれないように強固に「暗号化」され、
インターネット上を駆け巡り、どこの国でもパソコンか
スマホWifiさえあれば世界中の人とお金のやり取りができる。

例え北極から南極へでも、インターネットにアクセスできれば
瞬時にお金を送ることができます。

 

面倒くさい両替なんて必要ありません。

正確にはお金を受け取った人が、
必要に応じて自国のお金に両替するだけです。

 

「国境のないお金」それが「暗号通貨」なのです。

f:id:yas0804:20170206233824j:plain

 

あなたはこれがどれほど革命的なのか想像できますか?

銀行網が発達してる我が国日本では、国民のほとんどが
銀行口座を持っており、誰かにお金を送りたい場合、
普通にその人にお金を送金できますよね?

 

振込手数料にしても、月に何度も振込しない限りは
まぁ負担にはなるものではないですよね?

 

さて、あなたはこの便利さは
世界中どこも同じだと思ってますか?

実はこれほど便利な国は、「日本だけ」なのです。

 

あの金融大国アメリカでさえ(契約にもよりますが)
銀行間で東海岸から西海岸に
送金するのに約一週間かかります。

手数料も5,000円前後かかります。

アメリカですらそうなのです。
他の国も似たりよったりです。

おまけに、他の国は「銀行口座を持ってない人」
の方が多いのです。

 

日本のように簡単に送金できるわけではありません。

 

とある国で、外国に出稼ぎに出ている人達が、
お金を送る手段が無くて仕方なく宅配便の荷物の中に
現金を隠したり、ヤミの送金業者に高い手数料を払い
お金を送ってもらうんだけどまだ届いてないとか、
よく映画にも出てくるシーンですよね。

 

まだまだそういうリスクの高い手段じゃないと
送金できない人が世界には普通にいるんです。

そんな中、
★「スマホ同士でお金をやり取りできる仕組み」が
 あったらどうなるでしょうか?

しかも、
★「クレジットカードの様に、現金じゃなくて
 その暗号通貨で直接買い物ができる」とどうなる?

世界中に大きなインパクトを与えると思いませんか?

これが暗号通貨が注目されている大きな理由の一つです。

それじゃまた。

-------------------------

クリプト一押し!

-----------------------

NOAH COINのプレセール購入 | 暗号通貨ノアコイン